代襲相続

ここでは、代襲相続についてご説明いたします。

 

代襲相続とは、相続が開始した時点で本来相続人となるはずだった者がすでに死亡している場合、その者の子供が代わって相続する権利を引き継ぐ制度のことです。相続権を失った者を「被代襲者」、代わりに相続する者を「代襲者」といいます。

 

代襲相続の原因

代襲原因は相続人が、相続開始以前(同時死亡を含む)に死亡していた場合や、相続欠格、相続人の廃除によって相続権を失った場合に限定されます。相続人が相続放棄をした場合、代襲相続は生じません。

 

被代襲者の資格

代襲相続をすることが出来る者は被相続人の子供と兄弟姉妹です。直系尊属や配偶者には代襲相続は認められておりません。

 

代襲相続の相続分

代襲者が受ける相続分は、本来の相続人が受けるはずであった相続分となります。代襲者が複数いる場合には、被代襲者の相続分を均分することになります。

 

再代襲相続

直系卑属が相続する場合、被代襲者に子供がいれば、孫が代襲相続することになります。代襲者である孫もすでに死亡しているという場合は、孫の子すなわち曾孫というように、下の世代がどこまでも相続することになります。これを再代襲相続といいます。一方、兄弟姉妹が相続する場合には、一代に限って代襲相続は認められます。被相続人から見れば、甥や姪は代襲相続しますが、甥の子や姪の子が再代襲相続することはありません。

 

代襲相続と養子の子

養子は、相続に関して、実子と同じように扱われます。したがって、養親が死亡すれば、養子は養親を相続します。しかし、代襲相続するかは養子の子の出生時期により異なってきます。養子縁組後に生まれた養子の子は代襲相続しますが、養子縁組前に生まれた養子の子は代襲相続しません。

 

代襲相続でお困りという方、ぜひお気軽にご相談ください。


お気軽にお問い合わせください! 相続・遺言無料相談受付中! 0120-250-830 受付: 9:00-19:00 土日祝対応 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP