お腹の子供(胎児)と遺産相続

ここでは、お腹の子供(胎児)と遺産相続についてご説明いたします。

胎児にも遺産は相続されるのでしょうか。まず、相続人となりえるには相続開始時点で、人として存在していなければなりません。これを同時存在の原則といいます。胎児は、母親のお腹の中にはいますが、まだ生まれてきていないので、法律上の人とは認められません。したがって、胎児は相続人となることが出来ないが原則です。しかし、例外的に相続や遺贈に関し、民法は胎児について「すでに生まれたものとみなす」としています。ですから、胎児であっても遺産を相続することが出来ます

胎児がいる場合の遺産相続の実務

仮に胎児を無視して出生前に遺産分割協議をしても、胎児が無事に生まれてきた場合、その遺産分割協議は無効となります。また子供を代理して相続放棄をすることも出来ません。しかし、不動産の名義変更については「亡何某妻何某胎児」として、出生前に法定相続分による相続登記をすることは可能です。

ただ、実際に遺産分割協議をしようにも、胎児が生れてみないと、誰が相続人であって、その相続分も確定しません。例えば、他に子供がなく、お腹の子供が始めての夫婦がいたとしましょう。不幸にも夫が交通事故で急死してしまった場合、子供が無事に生まれれば、相続人は妻と子供で、相続分は妻が2分の1で子供が2分の1です。さらに子供が一人ではなく双子が生まれた場合は、相続分は妻が4分の2で子供が4分の1ずつになります。一方、子供が死産だった場合、相続人は、妻と夫の親で、相続分は妻が3分の2で夫の親が3分の1です。そして夫の親もすでに亡くなっていれば、相続人は妻と夫の兄弟姉妹で、相続分は妻が4分の3で夫の兄弟姉妹が4分の1というように変わり面倒なことになります。お腹に子供がいる場合、早急に遺産分割をしなければならない特別な事情がなければ、胎児が生まれるのを待ってから遺産分割をするのが無難です。

お腹の子供(胎児)と遺産相続についてお困りという方、ぜひお気軽にご相談ください。


お気軽にお問い合わせください! 相続・遺言無料相談受付中! 0120-250-830 受付: 9:00-19:00 土日祝対応 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP