未成年者がいる場合の遺産分割協議

ここでは、未成年者がいる場合の遺産分割協議の進め方について、ご説明いたします。

相続が発生した際、相続人の中に未成年者がいる場合があります。未成年者は、財産に関する法律行為を行うことができません。相続人の中に未成年者がいる場合は、その未成年者自身が遺産分割協議をして、遺産分割協議書に署名押印をしても、遺産分割協議書は当然に無効となります。未成年者自身が遺産分割協議を行うことができないので、未成年者の親などの親権者が、未成年者の法定代理人として遺産分割協議をしなければなりません

しかし、親と子供が共に相続人となってしまうケースがあります。親が子供の法定代理人として認められてしまえば、子供が相続するはずの財産を奪い、親だけが都合よく遺産を取得することが可能になってしまいます。このような場合、親と子供の利益が相反することになるため、親が子供の法定代理人となって遺産分割協議をすることが出来ませんそこで、未成年者と親権者の間で利益が相反する場合には、親権者に代わって未成年者の代理人となる特別代理人の選任を家庭裁判所に申し立てをする必要があります。

 

特別代理人とは

特別代理人とは今回の遺産分割協議をするためだけに、家庭裁判所で特別に選ばれる代理人のことです。未成年者と利害関係のない人に特別代理人になってもらい、 未成年者のかわりに遺産分割協議に参加し、遺産分割協議書に署名押印を行います。特別代理人は、未成年者と利害関係がなければ基本的には誰でもなることが出来ます。 未成年者のおじ、おば、祖父、祖母などが選ばれることが多いようです。

未成年者がいて遺産分割協議が進まないという方、ぜひお気軽にご相談ください。


お気軽にお問い合わせください! 相続・遺言無料相談受付中! 0120-250-830 受付: 9:00-19:00 土日祝対応 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP