相続放棄と自己破産
ここでは、相続放棄と自己破産の違いについてご説明いたします。
相続放棄と自己破産とでは、借金の支払い義務がなくなるという点では共通ですが、その性格上の相違点があります。

自己破産とは

自己破産とは、こちらは自己都合で支払うことのできなくなった借金を特別に免除してもらうことです。

自己破産は、自分の財産一切を返済に回す必要があり、手元に財産を残すことは出来ません。また、借金の支払い義務はなくなりますが、自己破産をしても税金の支払い義務は残ります。さらに信用情報(いわゆるブラックリスト)に一定期間載ってしまいます。

相続放棄とは
相続放棄とは、亡くなった人が持っていた一切の権利や義務の関係をなくすことができることです。

相続放棄をすることによって元々相続人ではなかったことにするのですから、当然の事ながら亡くなった方のプラスの財産も借金も、何も背負わないとするものになります。相続放棄をしても自分の財産と亡くなった方の財産とは関係がありませんので、手元自己の財産を残すことが出来ます。また、たとえ亡くなった人が税金を滞納していたとしても、相続放棄をすれば税金の支払いはしなくてすみます。さらに相続放棄をしたからといって信用情報(いわゆるブラックリスト)に載ることはありません。「借金のほうが多いから相続放棄をしたいんだけど、相続放棄するとブラックリストに載っちゃうんでしょ?」と勘違いされている方も多く相談に来られます。

相続放棄についてもっと詳しく知りたいという方、ぜひお気軽にご相談ください。


お気軽にお問い合わせください! 相続・遺言無料相談受付中! 0120-250-830 受付: 9:00-19:00 土日祝対応 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP